アディダスのおすすめランニングシューズ厳選8選【レベル別】

ランニング

あなたはどこのメーカーのランニングシューズが好きですか?

国内では認知度MAXのアシックスですか?厚底の登場で人気を博しているナイキですか?スタイリッシュで特徴的なミズノですか?

各メーカーでそれぞれの特徴と強みがあり、一概にこのブランドが一番と言うのは難しいと思います。

そこで、このブログではアディダスに絞って最新のおすすめランニングシューズをレベル別で8つ紹介していきます。

アディダスでランニングシューズ選びに迷っているあなたはぜひ参考にしてみてください。

それでは、早速見ていきましょう!

アディダスもナイキやアシックスに負けじと厚底シューズが登場してるな。

そうだね。どんなシューズが紹介されるか楽しみだね。

アシックスのおすすめシューズを知りたい方はコチラから

初心者編

まずは、初心者編です。

ここでは、「これからランニングを始めようと考えている人」「月に数回だけリフレッシュに走りたい人」に向けて紹介します。

基本的に反発力や軽量性を求めるのではなく、クッション性が高く、怪我のしにくいシューズになります。

怪我は怖いもんね。

ULTRABOOST 22

初心者編の最初に紹介するのはウルトラブースト22です。

このシューズは街中のストリートランニングでも足への負担を軽減する高いクッション性能を誇っています。

またミッドソールにアディダス独自のBOOSTフォームを使用しており、競技場からアスファルト、歩道、トレイルなどどんな路面にも対応し、快適なランニングをサポートしてくれます。

ほかにも、スタイリッシュな見た目から普段履きとしても人気があり、非常に用途が多彩です。

ランニング初心者ならこれがおすすめだな。

SOLARBOOST 3

続いてはソーラーブースト3です。

このシューズはランニングに慣れてきて少しずつ距離を伸ばしていきたい人にうってつけのシューズです。

フィット感と安定性に定評があり、接地時にぐらつきを押さえられるため腰や膝におかしな負担がかかることを防いでくれます。

マラソン完走を目指したい人の日々の練習に最適なシューズでしょう。

アディゼロ RC 4

初心者編の最後はアディゼロRC4です。

このシューズの特徴は耐久性にあり、日常的に距離を踏む人に適したシューズと言えるでしょう。

また、軽量ミッドソールのおかげでスピードを出しやすくなっており、たまにはスピードを上げた練習にも取り組みたい人にもマッチしています。

価格も他のシューズと比較すると手頃なのでおすすめです。

中級者編

続いては中級者編です。

ここに敵している人のイメージは「ハーフマラソンやフルマラソンの完走を目指す人」「ある程度ペースを決めて走り続けられる人」です。

初心者編のシューズと比較すると、反発力も程よく出てきてバランスのとれたアイテムになります。

個人的にランニング初心者の方でもここに分類されたシューズを購入しても問題無いと考えています。

最初から中級者用のシューズを買っちゃう!?

ADIZERO JAPAN 7

中級者編で最初に紹介するのはアディゼロジャパン7です。

このシューズはADIZEROシリーズの中でも高い人気を誇っています。

過去にはこのJAPANシリーズでフルマラソンの世界記録が樹立されるなどトップアスリートからも指示されています。

反発力、軽量性、クッション性、快適性のそれぞれが程よくあり、バランスのとれたシューズだと印象を持ちます。

ビギナーからエリートランナーまで幅広く使用できる使い勝手の良いシューズと言えるでしょう。

誰にでもおすすめできる万能シューズだね

ADIZERO BOSTON 11

続いてはアディゼロボストン11です。

ナイキの厚底シューズに対抗するために作られた新作の厚底シューズです。

厚底シューズは慣れが必要なので、そのために日々のトレーニングからレースまで使えるように開発されています。

アディダスの中では厚底の入門という位置づけになっています。

しかし、高反発ミッドソールのおかげで跳ねるような推進力を得られるでしょう。

アディダスで厚底デビューしたい人はコレ一択です。

著者は厚底好きだから気に入っているな。

上級者編

最後に上級者編になります。

ここでは「マラソン・ハーフマラソンでタイムを狙っていくエリートランナー」に向けたシューズになります。

反発力や軽量性に優れ、1秒を争うようなシューズになります。

ADIZERO TAKUMI SEN 8

上級者編の1足目はアディゼロタクミセン8です。

タクミシリーズはアディダスを愛用していない人でも耳にすることがあるのではないでしょうか?

このシリーズのシューズはもともとは薄底でしたが8になってから厚底に変化しました。

軽量性・グリップ力・フィット感、そしてなんと言っても魅力的なのが高反発です。

インターバルトレーニングやレペティションなどスピード練習を行う際にもってこいですし、レースでも大活躍してくれます。

しっかりとスピード出してトレーニングやレースに臨みたい人におすすめです。

著者の周りの選手でもこのシューズを愛用している人は多いね。

ADIZERO PRAIME X

次のシューズはアディゼロプライムXです。

このシューズは一言で表すと【規格外】です。

ソールの厚さが50mmあり、カーボンが2枚入っています。

これの何が規格外かと言うと世界陸連の公式ルールで「ソールが40mm未満かつ、カーボンは1枚まで」と定められいます。

そう、公式ではこのシューズを使えないんです!

しかし、その見た目からは想像できない軽量性と反発力を得ることが出来ます。

とにかく速く走ることだけに重点を置いた、規定度外視のシューズと言えるでしょう。

公式レースでは使えないと言いましたが、一般の人は関係ありません。

陸連登録者が出場する日本陸連公認レースの場合に限って使えないということです。

また、公認のレースでも陸連登録者ではなく一般でエントリーすれば使うことが出来ます。

ADIZERO ADIOS PRO 3

最後に紹介するのはアディゼロアディオスプロ3です。

アディダスのランニングシューズの中で最高モデルです。

マラソンやハーフマラソンで記録を追い求めるエリートランナーのために開発されたシューズです。

高反発推進テクノロジーを搭載したアディダスの技術力の詰まったシューズです。

クッション性・反発性・弾性力・軽量性などすべてをハイレベルで実現し、蹴り出し時に爆発的な推進力を発揮してくれます。

1秒を追い求めるエリートランナーにおすすめです。

まとめ

今回はレベル別でアディダスのオススメシューズを8つ紹介しました。

アディダスもタイムを狙うシューズになればなるほど厚底になっていきましたね。

個人的にタクミシリーズが厚底になったのに驚きでした。

あなたは今回紹介したシューズの中で気になったものはありましたか?

このブログがあなたのシューズ選びの役に立てば幸いです。

これからも楽しいランニング生活を送りましょう!

ウルトラマラソンにも興味がある方はコチラも読んでみてください。

ウルトラマラソンを完走するためのオススメシューズ10選

コメント

タイトルとURLをコピーしました