アシックスのおすすめランニングシューズ厳選9選【レベル別】

ランニング

ナイキの厚底シューズが登場してきてからアシックスも負けじと新作シューズが続々と登場してきています。

日本人の足にピッタリフィットすることで人気を博しているアシックスの転換点とも考えられます。

そこで今回のブログではアシックスの最新おすすめランニングシューズを9つ紹介していきます。

アシックスでシューズ選びに悩んでいるならぜひ参考にしてみてください。

それでは、早速見ていきましょう!

アシックスの猛追が凄まじいね。

アディダスのランニングシューズについて知りたい方はコチラから

初心者編

まずは、ランニング初心者用のランニングシューズをご紹介します。

僕のイメージとしては「これからランニングを始めようと考えている人」に向けた紹介になります。

基本的にクッション性が高いシューズで怪我のしにくいタイプのシューズです。

しかし、クッション性が高い分、軽量性や反発性が劣ってしまうのでスピードは出しにくいかもしれません。

GEL-KAYANO 29

まずはゲルカヤノ29というシューズです。

このシューズは次に紹介するGT-2000シリーズと並んでアシックスを代表するような人気シューズです。

特徴は名前にあるとおりかかと部分にゲルが付いていることです。

分厚いミッドソールと特徴的なゲルのおかげで高いクッション性を実現しており、足へのダメージを抑えてくれるでしょう。

また、耐久性能も高いのでこれ1つ買えば長く使うことができます。

足へのダメージを抑えて走ることに慣れたい初心者におすすめのシューズです。

GT-2000 10

続いてはGT-2000 10です。

このシューズはクッション性は高いですが、ゲルカヤノ29と比べると硬めになっています。

ですので、ジョグやロング走でそこそこのスピードは出せるでしょう。

また、中足部の高低差が少なく、フラットなソールなので接地から蹴り出しまでスムーズな足運びが可能です。

耐久性能は高いので距離を踏むランニングやジョグに最適です。

ちょっとスピード出したジョグもしたい人におすすめです。

筆者の初めてのシューズだね。

陸上部だったから反発力に物足りずにすぐに変えちゃったみたい。

GlideRide 2

初心者編の最後はグライドライド2です。

このシューズは初心者向けの厚底シューズです。

『もっとラクに、もっと長く、楽しみつづく』をコンセプトに製作された最新シューズになっています。

厚底シューズは足が勝手に前に進むような感覚に襲われるはずです。

一度、厚底の虜になってしまうと抜け出せなくなってしまうでしょう。

また、かかとからつま先までの足運びを流れるようにサポートし、エネルギー消費を抑えることで効率的に走り続けられます。

一般的に厚底シューズは速いペースでないとその真価を発揮できませんが、このシューズなら厚底の魅力を初心者でも感じられるかもしれません。

厚底に興味のある人はぜひ試してみてください。

初めての厚底にはぴったりだと思うよ。

中級者編

続いては中級者編です。

こちらのイメージとしては「ハーフマラソンやフルマラソンの完走を目指す人」や「ランニングである程度ペースを決めて走る人」です。

反発力とクッション性のバランスがとれているシューズになります。

マラソンを完走できるかどうかが大きな壁だな。

HYPER SPEED

中級者編の最初はハイパースピードです。

スピードを楽しむランナーのために作られたシューズで反発力とクッション性がバランス良く備わっています。

メッシュ素材を採用することで厚底にしては軽量で通気性能もあります。

価格も比較的良心的なのでコストパフォーマンスで考えれば最高のシューズだと思います。

MAGIC SPEED

続いてはマジックスピードです。

コンセプトはその名の通り『魔法のように加速する』です。

先ほどのハイパースピードの上位互換のような感じがします。

ナイキの厚底シューズに習い、ソールにはカーボンプレートが内蔵されており、接地の達に大きな反発力を感じられるでしょう。

しかし、このシューズから厚底の真価を発揮するにはかなりの走り込みが必要になってきます。

使いこなせればあなたの大きな力になりますが、使いこなせなければ宝の持ち腐れになってしまうでしょう。

カーボン入りの厚底シューズにチャレンジしたい人はぜひ検討してみてください。

カーボンを使いこなせるかは力は同じでも人によって大きな違いがあるから実際に試さないと分からないね。

TARTHEREDGE 3

中級者編の最後はターサーエッジ3です。

このシューズは上級者編で紹介するターサーRPを使いやすくしたモデルです。

薄底シューズですが、上級者用よりはやや厚く最低限のクッション性を備えています。

自分の足で走る感覚と反発力を感じられ、インターバルやレペティションなどスピード練習にも重宝するでしょう。

レースでもスピードトレーニングでも使い勝手の良いシューズになっています。

薄底シューズが好みでソーティマジックやターサーよりかはクッション性が欲しいという人におすすめです。

上級者編

最後に上級者用のシューズになります。

こちらは「マラソンでタイムを狙う人」に向けたシューズになります。

このレベルになると自分のお気に入りのシューズがあると思いますが、確認してみてください。

君のお気に入りシューズはなんだい?

TARTHER RP 2

上級者用のシューズで最初に紹介するのはターサーRP2です。

加速性能とスピード機能に特化したレーシングモデルになっています。

軽量のメッシュアッパーを採用し、より軽く、足に沿うような優れたフィット性と通気性を発揮します。

柔らかいソールがしなることで推進力を生み出し、キック時に優れた反発性を感じられます。

また、グリップ性も優れており、地面をがっしりつかんでくれるでしょう。

スピードを求める選手におすすめです。

SORTIEMAGIC RP 6

次はソーティマジックRP6です。

『極限への挑戦』がコンセプトでアシックスの最上位モデルになります。

プロで薄底を使っているアスリートはほとんどがこのシューズだと思います。

陸上のトラック競技でも公式に使用することができる、数少ないシューズでもあります。

スパイクと遜色ない軽量性と反発力でまさに、上級者が使うべきシューズだと言えます。

とにかくスピードを追求し、限界へと挑戦する、そんな人にオススメです。

筆者はインターバルトレーニングや5000m・10000mのレースの時に使ってるね。

METASPEED SKY・EDGE

最後に紹介するのはメタスピードスカイ/エッジです。

このシューズはナイキのヴェイパーフライに対抗するために作られました。

メタスピードスカイはストライド型選手向けで、メタスピードエッジはピッチ型選手向けのシューズになります。

それぞれの強みに合わせて作られたシューズはあなたの走りにピッタリとフィットするはずです。

どんなコンディションでも地面を捉えるグリップ性能と優れたホールド性でスピードを出しているにもかかわらず快適な走りをサポートしてくれるでしょう。

また、身体がぐんぐん進んでいくような推進力を感じられるでしょう。

まとめ

今回はレベル別でアシックスのおすすめシューズを9つ紹介しました。

今回紹介した中でお気に入りのシューズはありましたか?

このブログがあなたのシューズ選びの役に立てば幸いです。

これからも楽しいランニング生活を送りましょう!

ウルトラマラソンにも興味がある方はコチラも読んでみてください。

ウルトラマラソンを完走するためのオススメシューズ10選

コメント

タイトルとURLをコピーしました