【アンチドーピング】あなたはマラソンなどの大会でうっかりドーピングをしていませんか?

ランニング
___

数年前からスポーツの舞台で「ドーピング」という言葉をよく耳にするようになりました。

プロのアスリートの人がドーピングをしていることが発覚すると大きなニュースになり、大会への出場権を失ってしまいます。

一般の人の場合はマラソンなどの公式な大会に出場するときでもドーピングの検査はほとんどしないと思います。

しかし、知らず知らずのうちにドーピングをしてしまっているとしたら……

イヤですよね。

でも、実際に身に覚えが無くともドーピングになってしまっていることは十分に考えられます。

この記事ではドーピングと注意するべき事柄について説明していきます。

〈専門家の記事はこちらから確認できます。〉

___

ドーピングとは

まずは、ドーピングについて簡単に説明します。

ドーピングは世界アンチ・ドーピング規定で定められているもので競技で勝つために薬物を使用したり、その使用を隠したりする行為のことを言います。

(禁止物質が発見されればどんな理由があっても処罰されます)

ドーピングの種類によっては健康に害をあたえる場合があります。

スポーツは相手と同等の条件やルールの下でフェアな戦いだからこそ選手も観戦者も楽しむことが出来ます。

また、勝利した場合には大きな賞賛を浴びます。

しかし、ドーピングをするとフェアな戦いでは無くなってしまい、スポーツの価値が薄れてしまうためドーピングは禁止されています。

___

ドーピングの禁止物質

次に禁止物質について説明します。

ドーピングの禁止物質として最初に考えるのは「男性ホルモン」や「ステロイド」、「筋肉増強剤」などだと思います。

しかし、実際は医師から処方される医用用医薬品薬局、ドラッグストアで購入することの出来る市販薬にも禁止物質は含まれています。

また、サプリメントにも含まれていることがあります。

不安な人は専門の薬剤師の方に相談してみるのがおすすめです。

医療用医薬品

医療用医薬品で特に気をつけなければならないモノを紹介します。

  • 風邪薬
  • 咳止め
  • アレルギーの薬
  • 花粉症の薬
  • 喘息治療薬
  • 子宮内膜症の治療薬
  • 難聴やめまいの治療薬
  • 低血圧の薬
  • 高血圧の薬
  • 不整脈の薬
  • インスリン

市販薬

次に市販薬で注意をしなければならないモノを紹介します。

  • 風邪薬
  • 花粉症の薬
  • 鼻炎の薬
  • 咳止め
  • 体毛を濃くする薬

漢方薬

続いて漢方薬です。

漢方薬は問題ないと考えている人は多いと思いますがそれは間違いです。

  • 麻黄(まおう)
  • ホミカ
  • 海狗人(かいくじん)
  • 麝香(じゃこう)

上記の4つは禁止物質として明確に決められています。

これら以外にも生薬の産地や栽培方法、収穫時期などでドーピングになってしまう恐れもあるので注意が必要です。

ここまで主に医薬品について紹介してきましたがほとんどの薬でドーピングになる可能性があることが分かります。

風邪薬ですらアウトになってしまう恐れがあるので注意が必要です。

こむら返りなどの脚攣り予防でよく服用される芍薬甘草湯はアンチ・ドーピングであり、使用しても大丈夫だそうです。

痙りやすい人は遠慮せずに使ってください。

サプリメント

続いてサプリメントで注すべきモノを紹介します。

サプリメントは医薬品と違って食品に分類されるので含まれている成分がすべて書かれているとは限りません。

記載されている物質だけを見て判断するのは危険です。

特に海外のモノは注意しましょう。

  • 筋肉増強
  • 脂肪燃焼
  • 痩せるためのモノ

上記が売りのサプリメントには禁止物質が含まれている可能性が高くなるので用心した方がいいです。

筋肉を増やすためのサプリには「男性ホルモン」、脂肪を燃やすためのサプリには「エフェドリン」、痩せるためのサプリには「利尿薬・エフェドリン」といった禁止物質が含まれています。

サプリメントのいくつかには「アンチ・ドーピング認証」などと記載されているモノを見ることもあると思います。

これは、世界のアンチドーピングのグローバルスタンダートとして認められているモノです。

基本的に大会前などに使用しても問題はありません。

___

アンチドーピング認証

アンチドーピング認証は主に2種類あります。

「インフォームドチョイス」「インフォームドチョイス」です。

これらのうちどちらかがあれば世界基準で認められていて絶対とは言い切れませんが、基本的に安全なサプリメントです。

インフォームドチョイス

イギリスに本社を置くLGC社が2007年から運営している世界最大のアンチドーピング認証プログラムです。

この認証プログラムでは、サプリメントの分析とともに、世界基準の禁止物質に加え、その時々の最新情報に基づいて分析されています。

毎月1回、無作為にサンプルを採取し、分析することで安全を保証しています。

インフォームドスポーツ

この認証プログラムもインフォームドチョイスと同様にLGC社が2008年から運用するアンチドーピング認証プログラムです。

こちらのプログラムでは全ロットを分析する方法を取っています。

すべてのロットが分析済みなので使用者は分析結果を確認することなく、いつでも安全安心して利用可能です。

また、すべて検査をしているので費用も大きくなってしまいます。

このプログラムを認証されているサプリの会社は多額の分析費用を払ってまで安全を使用者に提供しているので信頼度が高いです。

___

安全に使用出来るおすすめサプリ

最後にマラソンなどの大会等で使用しても問題なくパフォーマンスを最大まで高めてくれるサプリを3つ紹介します。

個人的にこの3つさえあれば十分かなと考えています。

カツサプ

まずはカツサプです。

このサプリメントは「限界突破」をコンセプトにして作られたサプリです。

主な効果は「パフォーマンス向上」「ダメージ軽減」「素早い回復力」です。

ほかにも、脚が痙りにくくなったり乳酸を分解してエネルギーに変換したりする効果があります。

マラソンやウルトラマラソン、トライアスロンなど長距離種目で大きな力を発揮してくれます。

1袋990包、7包5980円と少し値段は張りますがアスリートや一般ランナーから高い評価をもらっています。

レースの後半にバテることなく、自己ベストを狙いたい人は是非使ってみてください。

「インフォームドチョイス」「インフォームドスポーツ」の両方に認証されています。

【公式サイト】アスリートとカツオの驚きの関係!その秘密はコチラ

ハードな練習やレースで自分の限界を突破しよう!詳しくはこちらをチェック

ランショット

2つ目はランショットです。

このサプリは主に運動後のボディメンテ疲労回復に大きな効果があります。

駅伝強豪校やプロサッカー選手が使っていて高い効果を実証しています。

6セットで1620円で購入出来ます。

怪我をしやすい人や練習・大会後に疲労が長引く人は是非使ってみてください。

「インフォームドチョイス」に認定されています。

【公式サイト】運動後のジョイントメンテ&リカバリーケアドリンク【ランショット】

運動後の素早い疲労回復とボディケアにおすすめ!

アミノバイタル

最後はアミノバイタルです。

このサプリメントはスポーツしている人なら誰でも知っていると思います。

アミノバイタルの中にも様々な種類があります。

身体全体のバランスを整えるモノエネルギー補給のモノ運動後のリカバリーなどがあります。

自分が足りていないと感じていることによってどのアミノバイタルを使用するか変わってきます。

「インフォームドチョイス」に認定されています。

___

最後に

ここまでドーピングについて説明してきました。

説明したとおり医薬品やサプリメントには禁止物質が含まれている可能性が高いことが分かりますね。

一般の人の場合は検査することはまず無いと思うのでそこまで神経質になる必要はないと思います。

しかし、知らず知らずのうちにドーピングに引っかかってしまっており、フェアプレーでは無いことが分かればショックを受けると思います。

ドーピングについての知識を身につけてうっかりドーピングを減らしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました